So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

D4D 7.041MHz クリスタルフィルタ 実装 [D4D]

1.jpg 3.jpg
 こちらの続きです。新QRP Plaza掲示板D4D頒布のページにJA5GHK OMの実装方法のpdfがあるので、そっくり真似てみました。↑の左、Xtalを1mmの生基板に並べると厚みがあるので実装不可。FCZ基板に並べるとケースの天井ギリギリに収まりました。ピンヘッダを立てたプラグイン方式ですから、簡単に元に戻せます。Xtalの足は、接触をよくするために薄くハンダメッキした方が良さそうです。ダミーで実験してうまくいくようなら、TSSに申請してみます。
 7.074MHzのXtalがあと3個あれば、国内、海外両用のデジタルトランシーバーになりますね。
2.jpg 1.jpg

タグ:D4D
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NanoVNA 7.041MHz クリスタルフィルタ 3素子 [D4D]

xtalフィルタ-2.jpg 7041-2.jpg
xtalフィルタ-3.jpg 7.041-3.jpg
 新QRP Plaza掲示板の[4218][4131に]JA5GHK/exさんの3素子の記事があったので試して見ました。7041MHzに近寄り、損失も減少しています。これをどの様に実装しようかと...。
Xtal-4.jpg 1.jpg

タグ:D4D
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NanoVNA 7.041MHz クリスタルフィルタ 続き [D4D]

4.jpg 7.041.jpg
 12pFのコンデンサで組み直して見ました。ついでに作業しやすいように横にならべたのですが、周波数が下がらず、おまけに減衰量が増えています。定数変えて、クリスタル積み重ね方式に戻してみようかと思案中...。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NanoVNA 7.041MHz Xtalフィルタ [D4D]

1.jpg 3.jpg
 こちらの続きです。分けていただいた7.040MHzのXtalを6個使ったフィルタです。12Pのコンデンサが無かったので10pで組んでみましたが、5kHzほどずれています。ちなみに、7.8MHzのXtalフィルタを測ったのが下右。Xtalフィルタの自作など初めてで、よく分かりません。12pのコンデンサを入手して再挑戦です。

 7.041.jpg 7.8MHz.jpg


タグ:D4D NanoVNA
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Phaser40デジタル・モード・トランシーバー 組立④ TX [Phaser]

IMG_20200315_121727.jpg IMG_20200315_132825.jpg
工程 6アセンブリ
TX

L3(1.5 uH):1.5 uH(茶-緑-金-金)RFチョーク (L3のシルクスクリーンアウトラインは使用しない)
C18:330 pFコンデンサ( 331)
R45:R45に 330Ω(橙-橙-茶-金)
R23:10K(茶色-黄-オレンジ-金)
R24、R25、R28:R24、R25:1kΩ(茶色、黒、赤、金)
R27:100Ω(茶色-黒-茶色-金)
R26:10Ω(茶色-黒-黒-金)
D4: N4148
D5:1N4756
R29A、R29B: 1Ω(茶色、黒、金、金)
Q3: 2SC5706
L4:FT50-43に5回巻
Q4&ヒートシンク: ヒートシンク取り付けた2SC5706

 組立はとりあえず終了。次はAPPENDIX5:Adjustment/Calibration

タグ:Phaser
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Phaser40デジタル・モード・トランシーバー 組立③ PSN [Phaser]

IMG_20200307_111745.jpg IMG_20200307_111713.jpg
工程 5
SSB位相(PSN)
R18(60.4K):60.4K 1%許容 (青黒黄赤赤金)
10kΩ: 10K(brn-blk-blk-red-brown)、R9、R11、R12、R13、R14、R15、R16、R17、R19、R20
R10(トリマー):VR(青、3リード)
U4(MC1458):U4に MC1458 8ピンICを取り付けます。ケースのノッチまたはドットは、の背面、向ける必要がある
ボードR9の近くにます。
R21(1K):R21に 1K 5%抵抗器(茶黒赤金)を取りる
C36、C37、C38、C39(0.1 uF): C36-C39に残りの(4)0.1 uFコンデンサ(「104」とマーク)を取り付る
R41、R42、R43、R44(51オーム5%): R41-R44に51オーム5%抵抗器(緑-茶色-黒-金)を
取り付ける
T1(トロイドFT37-43): FT37-43に#28赤/緑ツイストペアワイヤーを14回ターンの巻線トロイドフォームの(灰色、0.37インチ)
コイル.jpg
R22(100Ω):R22に 100Ωの抵抗(茶色-黒-茶色-金)を取り付け
Q2(2N4401): Q2に残りの2N4401トランジスタを取り付け
U2、U3(NJM4556): U2とU3の場所にNJM4556 8ピンICを挿入、●はC12およびC13の方向
テスト5:キャリアのリスニング
・クリップリードをR22に接続、もう一方の端は解放、要はANT
・ J2を介して12V電源を供給
・J3にWSJT- Xからtune Audio IN
・受信機で動作周波数を受信、USBがLSBより調整すると、一方の側波帯(USB)がもう一方の側波帯(LSB)よりもはるかに強いことを確認。 2400 Hzの反対側波帯は約35 dB低下し、この時点でノイズは約20 mV pp

次は送信部の組立。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

D4D SSB改造 Xtalフィルタ [D4D]

IMG_20200206_113819.jpg IMG_20200206_113734.jpg
 jl1kraさんからD4Dデジタル・モード・トランシーバーを配布していただきましたが、DSBでFT8の認定保証が受けられないようです。新QRP Plazaの[3923]にSSB改造(7041、国内用)記事があり、7040Xtalの配布がアナウンスされたのでお願いしました。8個申し込み、なんと無料(送料も)。6個でラダー型Xtalフィルタを作ってNE602の送信回路に挿入、キャリアと受信用フィルタを7040に交換すれば、国内用7041MHz SSBデジタル・トランシーバーとなります。送受周波数=IFというシングル・コンバージョンです。
 で、簡単な発振器を組んで周波数を測ってみました。何しろカウンターが100Hzオーダーですから、正確な値は分かりません。XtalにNO.を振って測定したところ、8個のうち6個が7.0391、2個(4,6)が7.0392MHz。7.0391MHz6個でフィルタを組んでみます、出来るかな?。

タグ:D4D
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Phaser40デジタル・モード・トランシーバー 組立② ローカルOSC RX [Phaser]

 工程3               工程4
IMG_20200129_104227.jpg
 IMG_20200129_143838.jpg
工程3
: ローカルオシレーター
緑色のLED: 「FT8」のラベルの位置。長いリード線(アノード)が上方、短いリード(カソード)1kΩに接続されている
黄色のLED: 「ALT」のラベルの位置
R37、R38(1K):1K抵抗器(茶色-黒-赤-金)、表示はない →緑色の「FT8」LEDの隣(下)
R39、R40(10K): 2つの10K抵抗器(brn-blk-blk-red-brown)、表示はない →Y1のすぐ上の位置
S1、S2: スイッチS1、S2
集積回路U10: PIC16F1824、方向注意
J6(2×Pinheader): 6ピン
ブラックジャンパー(J6の場合): ↓の画像に示すようにジャンパーを取り付け(USB)
 →ジャンパーを左上+右下に取り付けるとLSB

テスト#3キャリアの測定
• 12V電源をJ2に接続、J6のピンの1つにクリップリード(ANT)を接続
• 受信機で7074.0 kHzを受信
 →キャリブレーションについては、「調整/キャリブレーション」セクションを参照
@uBitxで7074kHzを受信すると、無事キャリアを受信。SWを押すと緑LED、黄LEDが点灯しました。

工程 4RX
C1(47 pF):表示「470」or「47J」
D2、D3(1N4148): 1N4148、極性注意
C2(220 pF):表示「221」
C3-A(10 pF):表示「100」or「10J」
C3-B(150 pF):表示「151」
C5、C22(330 pF): 表示「331
L1(10 uH): 10 uH RFチョーク(brn-blk-blk-gold)。 RFチョークは、1/4抵抗よりも直径がわずかに大きく、本体の端で先細になっています。
 →注意: リード線を身体から離れた場所で鋭角に曲げない
L2(2.2 uH):2.2 uH RFチョーク(赤赤金金)
R1、R3、R8(10KΩ): 10K(brn-blk-orange-gold)1/4W
R2、R4(100KΩ): R100K(brn-black-yellow-gold)
R7(100Ω):100Ω(brn-black-brn-gold)
C8(10 uF): C8に残りの10uF電解コンデンサを取り付けます。
Q1(2N4401): Q1に2N4401トランジスタを取り付け、その外形をシルクスクリーンの外形と一致させます。
C23(820 pF):C23に 820 pF(「821」)コンデンサを取り付けます。
C24(470 pF):C24に 470 pF( '471')コンデンサを取り付けます。
C25(100 pF):C25に 100 pF( '101')コンデンサを取り付けます。
U1(MC1458):U1に MC1458 8ピンICを取り付けます。ケースのノッチまたはドットは左を向いている必要があります。
U13(NE602):U13に NE602 8ピンICを取り付けます。ケースのノッチまたはドットは左を向いている必要があります。
注: U13はシルクスクリーンにラベルが付いていません-U1の左側にあります。
L5(T50-2トロイド):30cmの赤いワイヤーをT50-2に14回巻く(付録8を参照)
L6(T50-2トロイド): #26赤いワイヤーをT50-2に17回巻く
BNC(J1):J1 にBNCコネクター
テスト#4 FT8信号を受信
• 工程4FT8受信機として動作する
Phaser40.jpg
wsjtx1.jpg wsjtx2.jpg

タグ:pheser
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Phaser40 デジタル・トランシーバー 組立① 電源と送受切り替え [Phaser]

IMG_20200124_152130.jpg IMG_20200124_152214.jpg
 組立始めました。いくつかキットを組み立てましたが、このキットが一番親切です。パーツが台紙に貼ってあるので、過不足チェックも簡単、パーツを探すのも楽です。マニュアルは、DC、TRスイッチング、ローカルオシレーター、RX、SSB位相、TXの6工程に分かれ、各工程でテストをしながら進めます。英文を読むのが面倒なので、要点だけ書き抜いて進めました。マニュアルはここ。テスト#2で使いますから、PCにWSJT-Xをインストールしておく必要があります。
工程1                工程2
IMG_20200124_135340.jpg
 IMG_20200124_154758.jpg
工程1ボード電源
ICソケット: 8ピンICソケットX6、14ピンICソケットX1
J2: DC電源コネクタ
2ピンピンヘッダー:ピンオス取り付け D1の隣
D1: 1N5818、極性注意
0.1 uFセラミックコンデンサ: 19個
U778L05
U8:U8に78L33
C7、C33: 10 uF電解。極性注意(+記号の近くに長い方のリード)
C29: 220 uF電解

テスト#1
• ジャンパーピンをセット →これを忘れて???状態になりました(笑
• J2から12Vの電源を供給(中央のピンはプラスです。)
• U1ピンソケットのピン8で5V
• U10 ICソケットのピン1で3.3V

工程2TRスイッチング
J3、J4:3.5mmオーディオコネクタ

10KΩ抵抗(brn-blk-blk-red-brown):R5, R6, R30, R32, R34,R35.
C6、C28:10uF電解、極性注意
R31:12KΩ(茶赤橙金)
R33、R36:1KΩ(茶色、黒、赤、金)
トランジスタQ6:2N4401、過熱注意
トランジスタQ7: MPS751
集積回路U9:U9 のソケットにLM393 8ピンICを挿入します。ピン1の向きを確認
2ピンピンヘッダー:U10の近くの「CAL」とマークされた場所に残りの2ヘッダー取り付け

テスト#2
• 12V電源を供給。J3はPCのオーディオ出力とつなぐ
• WSJT-X起動し、「TUNE」にコマンドを送信。(Appended4参照)
• 電圧「Vsw」(L3の上部パッド、C34付近)を測定し、0V DCから12V DCに変化することを確認、「Tune」をキャンセルするときに電圧が低下することを確認

調整点.jpg IMG_20200127_152054.jpg

タグ:Phaser
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Phaser DigitalMode Transceiver [Phaser]

IMG_20200122_122445.jpg IMG_20200122_122639.jpg
 QRP Plaza掲示板で教えて頂いた”Phaser DigitalMode Transceiver”が到着。X'masに発注して、1/9に発送され、1/21に到着。webサイトにあるように、パーツは台紙に貼付されているので、確認の手間が要りません。親切ですね。組立説明書は入っていません、サイトからダウンロードしなさいということでしょう。ボチボチ組み立ててみます。ケース・キットでありますが、両面基板をハンダ付けするようなのでこちらは自作予定。移動用にコンパクトにしようかと考えています。

タグ:Phaser
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -